営業担当者の「生命保険 比較」にはご注意を

みなさんは、ご自身が加入している生命保険の見直しをする際に、保険会社の営業担当が用意してきた新しいプランを鵜呑みにして無駄な保険料を払っていませんか。恐らく営業担当者は、これまでのプランよりは保険料が安く、保障内容が濃いプランを提示してくるはずですが、それは単にこれまでとこれからの「生命保険 比較」をしたものに過ぎないのであって、自分達に最適な保険ではありません。

そもそも生命保険とは、個人の年収や貯蓄額、家族構成、将来の人生設計によって選ぶべきものです。営業担当者が用意するプランは、一般的な統計データをもとにさまざまなリスクを幅広くカバーできるように設定されていることが多く、必ず無駄な保障が含まれているはずです。

また、将来起こりうるリスクには、公的な社会保障がカバーしてくれる部分も大きいです。こういった知識を持つだけで、無駄を省いた本当に必要な生命保険を選ぶことが可能になります。何の知識もなく、ただ単に金額だけを見て「生命保険 比較」をすることは賢明ではありません。

では具体的に、妻と子供がいる旦那様が入るべき生命保険について簡単に考えてみます。家計を支えている旦那様が突然亡くなったら、残された家族が生活してくためにいくらもらえればいいか、つまり必要保障額を出してみます。必要保障額とは、将来の支出から、現在の貯蓄と将来の収入を差し引いたものになります。将来の支出は大きく分けて生活費、教育費、住宅費になります。

将来の収入は、公的な遺族年金、および奥様の収入になります。これらを計算してみると、自分達が思っていた以上に必要保障額は小さくて済むことが分かるかと思います。特に現在貯蓄が多くある方や、すでにマイホームをお持ちで団信に加入されている方などがそれにあたります。また、この必要保障額の考え方にあった最適な保険は「収入保障保険」だと思います。恐らくこの保険は、一般的な生命保険より、月々の保険料が1万円以上は安くなるはずです。